タケダヤマンとは?

祗園北高校の校訓「敬愛」「信義」「忍耐」が、卒業した後も忘れ去られぬようにとの思いから生まれたヒーロー。
それが校訓戦隊タケダヤマン!である。
武田山の麓にある祗園北高校、その正門手前200mに鎮座する「龍石」に「砦」を構え、日夜、学校の安全と校訓を人知れず守っているのだ。

「龍石砦」(たついしとりで)
昔、「龍石」のある場所は「龍原」とよばれていた。そこにあった龍の口のような大岩を地元の人々は「龍石」と呼び大切に祭ってきた。
かの武田義信がこの岩に2羽の鶴が何度もとまるのを見て、霊験のある場所と考え、12の寺院を建てた。本院は今も寺町に残っている。
ちなみに、いまの岩は「上アゴ」で当時は相当なサイズの大岩だったらしい。
タケダヤマンはこの「龍石」を勝手に「龍石砦」として使用している。
「敬 愛姫」(けい あいひめ)
本城の「銀山城」から抜け出しては、「龍石砦」を拠点に町遊びを楽しむおてんば姫。
自由奔放ながら、人を敬う心を持つやさしい性格。
じつは高い能力を持つ「くのいち」で城内の猛者たちも苦戦するほどとか・・・
「夢太雲」が好き、今度できる「伊音」が気になるこのごろ・・・
「信 義之介」(しん ぎのすけ)
「愛姫」の警護役で、幼なじみ。ちなみに2歳年上。
本来は「龍石砦」の守護役だが、姫がずっと砦にいるので警護役を兼任するようになった。
「姫」と「砦」と「校訓」を警護するため非常に多忙であるが、持ち前の正義感で積極的に仕事をこなす。
「梅酒」が好き、「かめむし」が苦手。
「忍 耐蔵」(しのび たいぞう)
「銀山城」配下の忍び集団の見習い忍者。
「愛姫」に気づかれず警護することを修行として課されている。しかし、忍びの技もスピードも「姫」にかなわずいつも見失って「義之介」と捜しまわることになる。姫より2歳年下。
「継続は力なり」が信条で、忍耐強く修行にはげむ。「わらびもち」が好物。

 

祗園北高校同窓会コミュニティサイトリンクバナー